1. HOME
  2. 事業案内
  3. マテリアルリサイクル

SERVICES

マテリアルリサイクル

category_title_material

マテリアルリサイクルとは、製品を原料として再生利用(リサイクル)することです。

同じマテリアルリサイクルでも、紙から紙へのように同じものにする「水平リサイクル」と、ペットボトルから繊維の原料にするというように異なるものへ生成しなおす「アップワードリサイクル」とに大別されます。

作業の流れ
category_material_5 category_material_3 category_material_1 category_material_2 category_material_4

recycle1-2
recycle1

ビン ビンは、カレット化されガラスビンの原料として再利用されるほか、建設用資材にリサイクル製品として再生利用されます。
スチール缶:再生工場により、建築用資材などの鋼鉄製品にリサイクルされます。
アルミ缶 :再生合金メーカーにより溶解・鋳造されて再びアルミとしてリサイクルされます。
ペットボトル ペットボトルは、PET樹脂ペレットに再資源化され、衣類やカーペット、文房具、各種容器などのリサイクル製品に再生利用されます。
古紙 古紙と異物に分別し、圧縮・梱包したものを製紙メーカーにてトイレットペーパー、新聞紙、再生紙などの製品にします。
硬質プラスチック 破砕機で、50mm以下に破砕した後選別し圧縮します。各種プラスチックはセメント原料、RPF燃料、産業資材、住宅部材、ボイラー燃料として再資源化します。
発砲スチロール 発泡スチロール、PPバンド、ポリエチレン製品を減容化していきます。リサイクル業者へ供給し、原料として再資源化されます。
塩ビ管 破砕機で塩ビ管を50mm以下に破砕します。産業資材、住宅部材として再資源化されます。

 

取り扱い品目

各リサイクルシステムのご紹介はこちらから

マテリアルリサイクルへ
サーマルリサイクルへ